国語 家庭教師 中学受験

中学受験の国語が苦手で伸びないお子様の家庭教師

日能研のテキスト「本科教室」について


こんにちは。ジャケットです。今日は指導に伺う途中の駅前で青かばんにNの文字のお子様方が仲良く歩いていたので、日能研のテキストについてまとめてみようと思い立ちました。今回取り上げるのは「本科教室」です。

 

日能研のテキスト「本科教室」について

まず、最初に感じるのはテキストが分厚いなぁという事です。四谷大塚の予習シリーズは上巻と下巻にわかれて2冊構成ですが、本科教室は1冊にすべて入っているので分厚くなるのはやむを得ないでしょうかね。ただし、この分厚さだと構えてしまう生徒もいるでしょうし、使っているうちにボロボロになってしまうのでモチベーション面に与えるネガティブな効果が気になります。では内容はどうでしょう?

 

本科教室の内容

本科教室は一つのテーマにつき、3つの文章を読解します。まずは学びのとびらで読解の時にどういう事に気を付けて読むべきかと言うヒントが与えられます。このヒントは他塾のテキストに比べると親切で、具体的な内容になっています。そして、学びのとびらで得たヒントをもとに3つの読解問題に取り掛かります。

 

それぞれの読解問題が終わった後にある、ことばの泉で語彙や文法面の強化を図るような構成となっています。

 

解答は別冊ですが、解説も詳しく親切です。しかし、予習シリーズなどの解説もそうですが、解説が丁寧すぎると国語が苦手なお子様はむしろ読めないというジレンマが生じます。字数が多いので読む気を失ってしまうんですね。解説は丁寧じゃないとわからないけど、丁寧すぎると読む気が起きないという難しいものです。

 

本科教室のデメリット

内容的には中堅校向けなので、上位校志望のお子様には多少物足りないかもしれません(その代わりに栄冠への道があります)。他塾のテキストに比べて字が小さいので、使いづらい面もあると思います。また字が小さいうえに、テキストも分厚いので気後れするお子様がいるであろうこともデメリットと言えるかもしれません。苦手科目があるお子様には本来ならば、分かりやすくて、かつ、あまり時間をかけずに1冊終わらせることで達成感を得やすい薄いテキストがベストです。ただし、後述するように本科教室は内容自体はさほど難しいものではありません。

 

では、以下で本科教室のメリットについてお話します。

 

本科教室のメリット

本科教室は字が小さいので文章量も多く感じがちですが、実際は文章量は少なめで内容も分かりやすいです。設問も難しくはないので国語が苦手なお子様にとっては、最適なレベルのテキストだと思います。国語に限った話ではありませんが、苦手な科目を勉強する時は出来ないものを勉強するのではなく、出来るものをしっかり安定させていくのが第一歩です。それによって、解いているお子様に達成感が生まれ、「僕でも出来る!」「私でも出来る!」と自信につながり、勉強を継続するモチベーションにつながるのです。難しくて時間ばかりかかる問題に取り組ませても、時間も自信も失い良い事はあまりありません。まずは一歩一歩進むことが重要だと思います。

 

また、本科教室のテキストは上位校志望のお子様には多少物足りないかもしれないと前述しましたが、使い方によって本科教室でも十分上位校に通用します。なにも栄冠への道をやらないと上位校に受からないとか、トップクラスにいないと上位校に受からないとか受験はそういうものではありません。あくまでも使い方と対策次第です。

 

個人的には本科教室は字がもう少し大きくてテキストが2冊くらいに分かれてあれば、さらに良い教材になると思います。なので、少し拡大コピーして目に優しい大きさの字にした上で利用するとより使いやすくなるのではないかなぁと思います。

 

本日も記事をお読みいただきありがとうございました。

 

塾のテキストについて

啓明舎のテキスト読解の応用について


中学受験生の国語の指導においては、私のオリジナルプリントを使うこともありますが、基本的にはご家庭からの要望で塾のテキストを使うケースが大半となります。塾のテキストはそれぞれの塾の考えや方針が反映されていて、とても興味深いものです。

 

今回は啓明舎のテキストである読解の応用について触れてみたいと思います。

 

読解の応用の難易度は?

読解の応用は本編の問題と時折出てくる分野別ワンポイント講座の二本立てで構成されています。問題文自体は頻出のテーマを厳選して収録してあり、興味深く読める文章を集めているように思います。しかし、興味深く読めるからと言って取り組みやすい問題というワケではなく、興味深いからこそ精読が求められ、上っ面だけの読解ではなかなか点数に結びつかない内容になっています。

 

問題自体はどちらかというと記述よりです。難関校以上を意識しているテキストだと思います。接続詞を選ばせる問題ですら、適当に答えるとガタガタになるような問題であり、しっかりした理解が求められる良問です。記述は複数の条件が与えられている事が多く、記述慣れしていないと満足に文字を書くことも出来ないと思われます。

 

読解の応用のメリット

前述したように、比較的点数がとりやすいはずである接続詞の問題でさえ、理解が進んでいないと取りこぼすようになっているなど、使いこなせれば分厚い国語力が身につくテキストです。正誤問題なども紛らわしい選択肢が多く、入試問題の練習にはうってつけだと思います。

 

問題の合間に出てくる分野別ワンポイント講座および本文の解説ともにあっさりしすぎることなく、かといって文字量も多すぎず使いやすいと思います。

 

読解の応用のデメリット

内容的には難関校を意識した作りになっているため、本文というよりも設問の難度が高いです。記述問題に関してはすぐにでも入試で使えるようなレベルのものも多く、国語が苦手なお子様の場合、空白になってしまう事も多いと思います。これで国語嫌いが助長されてしまう可能性がありそうです。しかし、前述したように記述問題は入試レベルなので、受験期までは出来なくてもさほど気にする必要は無いと思います。最後に一つ気になる点としては、文法問題への取り組みが他塾に比べるとやや弱い気がします。

 

読解の応用は記述問題の難度がかなり高いですが、その他の問題もしっかり本文を読み込まないと正答にたどり着けない良問ぞろいです。まずはこのレベルの問題で安定して正解を重ねていけるようになれば、過去問にとりかかる準備が出来たと考えて良いと思いますので、そういった意味では良いペースメーカーと考えられる気がします。

 

塾のテキストについて

予習シリーズについて


こんにちは。ジャケット先生です。

中学受験生の国語を指導する時ですが、私が持っていく問題を使うケースと生徒が通っている塾のテキストを使うケースがあります。テキストに関しては、ご家庭の希望するテキストで指導するのが基本になりますので、どのテキストを使っても問題ありません。ただ、一口に塾のテキストと言っても塾ごとに考えられた構成をしており、さまざまな特色があります。

今回は四谷大塚、早稲田アカデミーをはじめとしたYT系列の塾が使う予習シリーズについて書いてみようと思います。

 

予習シリーズの難易度は?

予習シリーズは難易度的には難しすぎず、簡単すぎずで取り組みやすいテキストであると思います。基本問題、発展問題、別冊の演習問題集ともに無意味に難しすぎることない良問そろいだと思います。ただし、御三家レベルを狙う生徒にはやや物足りないかもしれません。

 

予習シリーズのメリット

予習シリーズのメリットとして挙げておきたいのは網羅されている文法問題の的確さと収録問題のバランスの良さです。5年生の国語テキストの下巻あたりから文法問題の解説が増えてきます。形容詞・形容動詞・副詞・連体詞・接続詞・感動詞・助動詞・助詞の解説、使用例などとても細かく、この下巻だけで文法は入試本番で使えるレベルになります。

 

また、基本問題・発展問題とわけられた問題も一部上位校向けの記述対策に偏ることなく、漢字の読み書き、文法問題、接続詞の使い方、正誤問題、抜き出し問題、まとめの記述問題と入試問題に近いオーソドックスな形式でまとめられています。解説もやはり丁寧で詳しく、この問題に慣れていく事で模試や入試の問題でも慌てずに対処していく事が可能になる良問題集であると思います。

 

予習シリーズのデメリット

デメリットと言い切れるわけではないのですが、気になる点もないわけではありません。ここからの話は予習シリーズをしっかり活用できている生徒にとっては読む必要の無い話ですので飛ばしてください。あくまでも国語が伸び悩んでいる生徒と親御様向けの話になります。

 

予習シリーズの特徴として挙げられる解説の丁寧さ。これがメリットであり、デメリットでもあると感じます。丁寧な解説と言うのは自宅での学習には欠かせません。むしろ、よくこれだけ丁寧な解説を収録したなぁと思っています。しかし、字数が多いのです。

 

国語が苦手な生徒と言うのは根本的に難しい内容が詰まった文章を読むことが得意ではありません。得意ではないというより、ちゃんと読まない/読めないと言ってもいいと思います。そういう生徒はあの解説の文字量を見て、「うわぁ・・・」ってなっちゃうんですよね。丁寧が故にお子様の読む気を失わせてしまうという逆効果になってしまっている部分があります。

 

もちろん、丁寧なのは良い事です。某サ〇ッ〇スの解説なんかあっさりしすぎていて、自宅学習に完全に不向きですし。ですから、あくまで、字数に圧倒されて読む気をなくしてしまう生徒が少なからずいるという話です。

 

そして、もう一つのデメリットは6年生の生徒の親御様はご存じのとおり、夏過ぎから知識問題の宿題量が半端なくなります(汗)。これはもしかしたら塾の先生にもよるのかもしれませんが、私が指導していた早稲田アカデミーの生徒さんはかなりアップアップしながらこなしていました。

これはしっかりこなせれば知識問題怖いものなしになるというメリットもあるんですが、入試は国語だけじゃないですからね。数点の知識問題のために理科・社会・算数の時間を削らなければならないほどの課題量と言うのはいかがなものかなぁと思わなくもありません。

 

私が予習シリーズを使って指導する場合は、内容を極力簡潔にすることを心掛けています。予習シリーズをさらにまとめたオリジナルのプリントを使うことが多いです。文章も噛み砕いて口語体にしていたりするので、とっつきやすいと言われます。予習シリーズ自体はとても良く出来たテキストですから、上手に活用さえできれば力はつきますよ。

 

今日は予習シリーズについてでした。記事をお読みいただきありがとうございました。

 

塾のテキストについて