国語 家庭教師 中学受験

中学受験の国語が苦手で伸びないお子様の家庭教師

中学受験の国語を家庭教師が斬る!過去問や模試の解きなおしについて


テストの解きなおし

こんにちは。ジャケットです。家庭教師としてご家庭に伺っていると過去問や模試の解きなおしのご要望をいただきます。今回は模試や塾内テスト、過去問の解きなおしのメリット・デメリットについて私なりの考えを書いてみようと思います。

 

塾内テストや模試、過去問の解きなおしをするメリット

解きなおしの目的は端的に言って自分がどの問題をなぜ間違ったかの把握と苦手分野の確認です。正直、それだけ出来れば十分だと思います。自分がどういった問題で間違いやすいのか?序盤の漢字なのか、文法問題なのか、正誤問題なのか、抜き出しなのか、物語文なのか、説明文なのか。時間が足りないのか、足りていたのに出来なかったのか。このように自分に何が足りないのかを把握できるのが解きなおしのメリットです。

 

当たり前に思えますよね?
しかし、ほとんどの生徒はこれが出来ていません。

 

多くのご家庭では解きなおしをしていたとしても、漠然ともう一度解きなおしているだけです。実はただの解きなおしでは何の効果もありません。まして、一度解答を見てしまったならなおさらです。では、どのような解きなおしをしたら効果が上がるのか?それはもったいぶって(笑)最後に書きます。といいますか、先に悪い解きなおしをした時のデメリットについて語りたいからです。

 

良くない解きなおしとそのデメリットとは?

効果的な方法以外での解きなおしで生じるデメリットとは、時間が無駄になる事と雑な解き方が身についてしまう事です。当たり前ですが効果のあまり上がらない解きなおしに時間をかけるのは時間的に大きなロスです。その時間を社会や理科などの暗記科目に費やした方がよほど点数アップが望めます。

 

また、一度解いている問題を解きなおすわけですから、大半のお子様は丁寧に読みません。初めて解いたテスト本番の時に比べると、どうしても雑な読み方になります。実際は間違っている問題が多いにもかかわらず、わかっているつもりで読み飛ばす部分が多いものです。そういう状態で解きなおしを続けていると、丁寧に読む・丁寧に答える習慣が薄れていってしまいます。字も汚くなりますし、設問に書いてある条件(間違っているものを選びなさいとか、正しいものを2つ選びなさいとか)もいい加減に読みます。すると、面白いものでそのいい加減さが身についてしまうのです。

 

そして、一度答えを見てしまっているお子様の場合はさらに問題です。国語と言うのはじつは他の科目に比べて復習に向いていない科目です(漢字や文法は別。あくまで読解に関して)。なぜかというと日本語であるがゆえに、答えが覚えやすいのです。答えを覚えてしまうとどうなるか?算数の場合ですと途中式を覚えるのは非常に有効です。なぜならその途中式は様々な問題で応用がきくからです。しかし、国語の場合はそういうわけにはいきません。覚えてしまった答えを解きなおしで書くと、さも出来るようになったと錯覚しがちですが、何のことはない日本語だから答えが頭にこびりついているだけで、別の文章になるとまったく応用がききません。出来たつもりになって、次の試験を迎える→結局実力が上がっていない→また意味のない解きなおしをするの繰り返しであっという間に受験当日を迎える事になります。

 

では、解きなおしをメリットあるものにするやり方です。

 

メリットのある解きなおしとは

塾内テストや模試の解きなおしを有意義にするためには以下の手順が必要です。

 

  1. 解答を見ない。
  2. 時間制限を設けず全問みっちり解く。

 

では理由を見ていきましょう。まず、解答を見ない理由。これは前述したように答えを覚えさせないためです。答えを覚えた状態で解きなおしをしても国語で実になるものはありません。答えを見せるくらいならその時間を使ってテスト範囲の復習を30分でいいからさせましょう。そして、30分で身についたものを解きなおしで発揮できるかチェックです。

 

次に時間制限を設けない理由。これは雑に解かせないという理由もあるのですが、さらに重要な目的があります。その目的とは”しっかり時間を与えて精読すれば解けた問題なのか?それとも精読しても解けない問題だったのか?”を把握するためです。解きなおしの一番の目的はこの部分です。しっかり読みこめば解ける問題だったのであれば、読み方に強弱をつける方法を重点的に学べばよいですし、精読しても解けないのであれば、文章の構造や心情把握の方法などを時間をかけて身に付けなければいけません。

 

この2点が出来てはじめて解きなおし本来のメリットがあると言えます。そして、私が指導する場合はさらにもう一つ。正解できている問題について、必ず行う事があります。これをしないから、みなさん国語の点数が安定しないんです。でも、これは私が指導している生徒以外には教える事は出来ません。申し訳ありません。

 

本日も記事を読んでいただいてありがとうございました。

 

 

中学受験の国語

家庭教師が中学受験の国語のコツを軽くお伝えします


こんにちは。ジャケット先生です。今回は”家庭教師が中学受験の国語のコツを軽くお伝えします”をテーマに記事を書いてみます。しかし、本人を前にして表情を見ながら話すのと違ってブログで伝えのは簡単ではないなぁと思う今日この頃です。

説明文の読解におけるコツ

説明文を読んでいると国語を苦手とするお子様は集中力が続かずにすぐに投げ出す傾向にあります。記述問題や抜き出し問題が空白解答ばかりのお子様は能力がないのではなく、集中力が続かないだけです。
ではなぜ国語が得意なお子様は集中力が続くのか?それは文の流れをつかむことで、あっさり読んで良いところと集中して読まなければならないところが区別出来ているから。つまり、ずっと集中して読んでいるわけではないから、集中力が続くんです。

家庭教師が中学受験の国語のコツを軽くお伝えしますの続きを読む »»

 

中学受験の国語

国語専門家庭教師が中学受験生の読解スピードを上げる方法をお伝えします。


こんにちは。ジャケット先生です。国語を苦手とする中学受験生の多くが試験時間内に国語の問題が終わらない、つまり読解スピードが足りないという悩みを抱えています。今日はそのように国語が苦手な中学受験生の読解スピードを上げるにはどうしたら良いかというのをテーマに記事を書いてみようと思います。

国語の読解スピードを上げる方法は塾、参考書、問題集で色々な方法が挙げられています。しかし、私に言わせればその多くは「小学生には出来ないでしょ?」という机上の空論ばかりです。

自宅での読書量を増やす

読解力のないお子様に対してたびたび言われる方法が読書量を増やすという事です。

「読むのが遅いのは読書慣れしていないからだ。だから、たくさん本を読んで慣れればいい」という考え方ですが、まったくもってナンセンスですし、中学受験というものをわかってない意見です。 国語専門家庭教師が中学受験生の読解スピードを上げる方法をお伝えします。の続きを読む »»

 

中学受験の国語

中学受験生に国語を教える時に家庭教師として心がけている2つの事


こんにちは。中学受験生に個人契約の家庭教師として国語を指導しておりますジャケット先生です。今回は私が、中学生に国語を教える時に家庭教師として心がけている事をテーマに記事を書いてみようと思います。

中学受験の国語の問題はおもしろくない

まず、前提として中学受験の国語は面白くありません。

強いて言えば物語文はお子様と年齢の近い少年少女が困難を乗り越え人間として成長していく成長物語が出題される事が多く、感情移入しやすいため多少は興味を持てることもあるのですが、説明文に至っては小学生が理解することなど到底不可能な内容を難しい言葉でつらつらと書いてあるため、大半のお子様にとっては面白さ皆無、興味どころか読むことに苦痛しか感じないでしょう。 中学受験生に国語を教える時に家庭教師として心がけている2つの事の続きを読む »»

 

中学受験の国語 家庭教師

国語が苦手な中学受験生はいつから家庭教師をつけるのが効果的か?


こんにちは。個人契約で中学受験生の国語を指導している家庭教師のジャケット先生です。今回は国語が苦手な中学受験生はいつから家庭教師をつけるのが効果的か?というテーマで記事を書いていこうと思います。

判断ポイント

多くの中学受験生が4年生になるとともに塾通いを始めます。塾に通い始めてから勉強する中学受験用の国語は、学校で勉強する国語に比べるとはるかに難しいため面食らう生徒も出てきます。

ここではどういった状況に陥った場合に家庭教師を検討すべきか、家庭教師による指導が効果を出しやすいかについてお伝えします。 国語が苦手な中学受験生はいつから家庭教師をつけるのが効果的か?の続きを読む »»

 

中学受験の国語 家庭教師

国語で家庭教師をつけるとこういう効果が出ますという話(中学受験の場合)。


こんにちは。個人契約で中学受験生の国語を指導しておりますジャケット先生です。今回は国語を苦手にする中学受験生に家庭教師がついた場合得られやすい効果をテーマにお話していこうと思います。

集団塾の国語

100%近い受験生が中学受験専門塾に通う事で本格的にスタートする中学受験。私も以前の記事(中学受験で家庭教師を有効活用する方法)でお伝えしたように、集団塾で中学受験の勉強を進める事を推奨しています。家庭教師は塾での状況を判断して必要に応じてというのが正しいスタンスです。 国語で家庭教師をつけるとこういう効果が出ますという話(中学受験の場合)。の続きを読む »»

 

中学受験の国語 家庭教師

中学受験の国語の問題は設問を先に読んではいけない理由を家庭教師視点でお伝えします。


こんにちは。個人契約の家庭教師として、中学受験生の国語を指導しているジャケット先生です。今回は中学受験の国語の問題は設問を先に読んではいけない理由をテーマに記事を書いていこうと思います。

少々刺激的なタイトルになってしまいましたが、中学受験の国語の参考書や勉強法が書いてある本などでは、「中学受験では設問を先に読むべき」という意見と、「本文を一通り読んでから問題に取り掛かるべき」という意見がしばしば語られています。

これは国語指導の専門家によっても意見の分かれるところで、 中学受験の国語の問題は設問を先に読んではいけない理由を家庭教師視点でお伝えします。の続きを読む »»

 

中学受験の国語

家庭教師が語る国語が苦手な中学受験生が最初にすべき事


こんにちは。個人契約で家庭教師をしておりますジャケット先生です。中学受験では配点が大きい国語と算数で、大きな苦手を作ってしまうととても苦しい受験になります。しかしながら、解法がはっきりしている算数に比べ、国語はセンスで解いている生徒も多く、国語が苦手な生徒から見ると何を、どうやって勉強したらよいかわかりづらい科目だと思います。

今回は勉強の方向性を決めるために、国語が苦手な中学受験生が最初にすべき事を家庭教師の目から語ってみようと思います。

必ず志望校の問題傾向を確認しましょう

中学受験を志望校合格という形で締めくくるためには、必ず志望校の問題傾向を確認しましょう。分析というほどの事はしないでもOKです。ただ、問題の傾向くらいは過去問で確認しましょう。

国語が苦手なお子様がやみくもに勉強しても点数は上がりません。まずは、今後どういった方向で何をどこまでやれば良いかを確認する事が重要です。 家庭教師が語る国語が苦手な中学受験生が最初にすべき事の続きを読む »»

 

中学受験の国語 家庭教師

国語の学習には設問を読む訓練が必須という話。


こんいちは。個人契約で家庭教師をしておりますジャケット先生です。私は中学受験生の国語をメインに指導しているんですが、今日は国語が苦手な生徒が、設問をしっかり読まない事でどれだけ点数を落としているかという話です。国語の学習には設問を読む訓練が必須です。

設問をしっかり読む重要性

国語が苦手なお子様にお悩みのお母様。国語が苦手な生徒のほとんどは設問をしっかり読んでいません。読解が苦手とか本を読まないとか以前に設問をしっかり読まないで解答してる事で、おそらく試験のたびに何問か点数を落としていると思います。

しかも、子どもは大人が思っている以上にやらなければいけない事を忘れます。線を引けと言っても、ほとんどの子はすぐに引かなくなるし、音読しなさいといっても、翌日にはしなくなります。設問をしっかり読みなさいと言っても、翌日には読みません。そういうもんです。 国語の学習には設問を読む訓練が必須という話。の続きを読む »»

 

中学受験の国語

「国語が出来れば他の科目も上がる」という人は中学受験がわかってませんという話


こんにちは。個人契約で家庭教師をしておりますジャケット先生です。今回のテーマは「国語が出来れば他の科目も上がる」という人は中学受験がわかってませんという話です。なぜ、こういう話をするかというと、私の身近にこういう話をさも本当のようにご家庭に伝えている人がいるからです(過去形ではなく、現在進行形です。困ったもんです)。

なぜ、国語の点数が上がると他教科の点数も上がるという話になるのか?

「国語が出来れば他の科目も上がる」という人は中学受験がわかってませんというタイトルで記事を書いていますが、これは100%間違っているというわけではないんです。例えば数学の特殊算や社会や理科などの論述問題などで、問題文が長かったり、複雑だったりすると、問題の読み違いやどうやって解答すればいいのかわからないという事も起こり得ます。たしかに国語力があれば 「国語が出来れば他の科目も上がる」という人は中学受験がわかってませんという話の続きを読む »»

 

中学受験の国語