国語 家庭教師 中学受験

中学受験の国語が苦手で伸びないお子様の家庭教師

法政二中合格体験記~ペプトンガールさん


【名前】
ペプトンガール
【進学先】
法政大学第二中学校
【合格校】
法政大学第二中学校、共立女子、大妻多摩
【指導開始時国語偏差値】
40台(早稲田アカデミー)

【国語のどんなところに苦しみましたか?】
漢字や知識

【パパママとはどんな時にケンカをしましたか?】
自分から勉強をしない時
テストで点が取れなかった時

【あなたにとって中学受験とはどんなものでしたか。一言であらわしてください。】
辛いけれど、達成感が得られるもの。

【ジャケット先生の第一印象はどうでしたか?】

生徒:おもしろくて、変わってる人

保護者様:穏やかでほめてくれる先生だと思いました。

【ジャケット先生の良かったところはどんなところでしたか?】
はげまし方が上手!
感情的に怒ったりしない点、保護者の疑問にも的確にアドバイスをくれるところです。

【ジャケット先生で受験を乗り越えられるだろうかと思った瞬間を正直にお答えください(笑)】

生徒:ほめすぎ注意!!

保護者様:何度注意されても直さないこと(印つけや線引きなど)があっても怒らず、指導されている時にはもっと厳しくしてほしい思ってましたが、直前期はその穏やかさに救われました!!

【合格を目指す受験生に合格者としてアドバイスを下さい。】
たとえ、自分が志望校に届かなくても、合格がすべてではないので、絶対合格、合格と思わずにひたすら努力すること。

【同じ学校を志望する生徒にアドバイスを下さい。】
難問はあまり出ないので、基本問題を完ペキにすれば、合格出来ます!

 

【ジャケット先生よりコメント】
お問い合わせをいただいたのが6年生の6月中頃だったとおもいます。6月となると私のスケジュールは一杯一杯なのですが、我が家から徒歩5分という超至近距離にお住まいだったため、21:15~という遅いスタートでも御了承いただけたことで、スタートとなりました。正直、家が至近距離だったため、「落ちたらどうしよう・・・」とものすごいプレッシャーがあったことをここで告白します(笑)。さてさて、ペプトンガールさんですが、お問い合わせ時に「4科の偏差値は50くらいも、国語が足を引っ張っている」とのことでした。とはいえ一緒にお勉強してみると、文章自体はわりと読めている状況ではありました。ただし、設問の読み方が甘い、記述の文末表現がなってない、思い込みで解答しているところが散見されるなど、読解と言うよりも設問の読み方や解答の仕方が分かってないのではないか?という状況でした。さらに大きな問題はとにかく漢字が書けないこと、読めないことでした。漢字の強化にはご家庭で使っている漢字の問題集+私作成の漢字頻出プリントをお渡しし繰り返し練習していただきました。このあたりの管理はペプトンガールさんのママがしっかり進めてくれたのが大きかったです。正直なかなか漢字力は上がってこなかったのですが、12月の終わりくらいから目に見えて漢字力が上がってきました。漢字でお悩みの皆さんに、漢字はしっかり勉強すれば力がつく例としてぜひ見せてあげたいくらいの成長ぶりでした。漢字についてはこのように最終的には問題ないと言えるレベルまで仕上がるのですが、漢字力がUPするまでの間は設問の読み方、文末の答え方、思い込みで読まないための読解の基礎を過去問を通して勉強していきました。記述の文末表現がなっていないという弱点はなかなか直らなかったのですが、私が注意して険悪なムードになってしまっても困るため、怒らないように意識してました(あえて厳しくしなかったのですよ・笑)。とにかく粘り強く、根気強くと考えて授業をしてました。ちなみに生徒によっては私も厳しくする時はあります。受験については、集中力を持ってとりくめば設問の読み違い等も文末表現も大丈夫だろうとは思っていましたが、直前にはかなり弱気になっていた時もあったようです。でも、ペプトンガールさんは勝負強かったですね。終わってみれば受験は4戦3勝だったでしょうか。立派な結果だと思います。付属の中学に入りましたが、勉強をしなくていいわけではないのですぞ?あと、おもしろくて「変わってる人」ってなんじゃ!変な人みたいじゃないか(泣)・・・。

 

合格体験記

この記事に関連する記事一覧