国語 家庭教師 中学受験

中学受験の国語が苦手で伸びないお子様の家庭教師

芝、東京都市大附属中合格体験記~芝太郎くん


【名前】
芝太郎

【進学先】

【合格校】
芝、東京都市大附属、城北中

【指導開始時国語偏差値】
50(早稲田アカデミー)

【国語のどんなところに苦しみましたか?】

記号選択であいまいなものがあるときに困って手が止めること
問題を読まない自分の欠点
【パパママとはどんな時にケンカをしましたか?】
「絶対に勉強しない」と自分が言うとき

【あなたにとって中学受験とはどんなものでしたか。一言であらわしてください。】
前日・テスト中・合格発表の時は緊張するが終わればゲームづけになってしまうもの

【ジャケット先生の第一印象はどうでしたか?】

生徒:いろいろな文章の読み方や解き方を教えてくれて分かりやすかった。

保護者様:友人の紹介で「優しい先生」とうかがっていましたが、穏やかで紳士的な方!という印象でした。

【ジャケット先生の良かったところはどんなところでしたか?】
動作や表情であらわしてくれること。

【ジャケット先生で受験を乗り越えられるだろうかと思った瞬間を正直にお答えください(笑)】

生徒:ない

保護者様:国語の成績がいつまでも上がらないように思えたとき・・・
でも志望校に合わせた対策を色々してくださり安心できました!

【合格を目指す受験生に合格者としてアドバイスを下さい。】
ポジティブ志向

【同じ学校を志望する生徒にアドバイスを下さい。】
過去問の研究をしていれば絶対に合格できるから落ち着いて問題に取り組もう。→とくに国・社・理

【ジャケット先生より一言】
お問い合わせをいただいたのが新6年生の2月、前年合格の生徒ママからのご紹介とのことでした。状況としてはずっと勉強嫌いで苦戦していたが4科全体としては点数が伸びてきている。しかし、国語は語彙力も読解力も忍耐力もまだまだ難ありでお悩みとのご相談でした。一緒に勉強してみると文章を読むスピードは遅くないし、口頭で質問をする分にはしっかりした返答が返ってくるということから国語力はあるな、というのが第一印象でした。しかし、勉強を進めていくうちに、モチベーションの浮き沈みが激しいタイプだということが分かってきました。たとえば、以前読んだ文章が出てくるとボソッと「また、これ?」と嫌々ムードを漂わせるとか、字が小さい問題だと一気に解く気を失うとか。模試で悪い点を取るとしばらく勉強に拒否反応を起こしたりとか。こうした状況から、とにかく受験までたどり着かせなければいけない、やる気を維持させなければいけないと考え、何があっても怒らない仏のジャケット先生になろうと考えました(ま、もともと優しめではありますが)。モチベーションさえ保てていれば能力をみせる生徒だったため、軌道にさえ乗れば合格するだろうと、個人的には楽勝ムードでした。実は(笑)。
と・こ・ろ・が・・・、本人も体験記に書いてくれた通り、過去問を解き始めたあたりから「問題をしっかり読まない」という欠点が姿を現し、状況は一転しました。志望校は芝中だったのですが、芝は知識問題20点以外は全問記述です。書くことに対してはまったく抵抗が無く、すらすら書くのですが、とにかく設問を読み違う。だから、聞かれていることにまったく答えていないという失点が頻発しました。これは国語以外でもそうだったのですが、ほぼ記述の芝の国語においてこれは超ド級に致命的!!よって、終盤はとにかく設問の読み違いがでないように、仏モードを維持しながらも授業を行っていました。少しややこしい設問にならすためにラサールや栄光学園の記述にも取り組みました。結論さえ読み違えなければ、書くこと自体はできる生徒だったので、結論を読み違えない練習を最終盤は続けました。でも、どうでしょう?結局は本人の集中力の問題だったのかもしれません。集中力全開となったであろう2/1芝中。みごと合格を果たしたわけですから。
ちなみに体験記、いくつか間違いがあるぞぉ。時間があったら自分で見つけてみ?芝太郎くんママには、ほぼノープレッシャーで授業を任せていただいたため、とても勉強しやすかったです。弟くんでご縁がありましたら(成績的にはないほうがよいですがw)、またお声かけ下さい。芝太郎くんはふやけるまで温泉につかっちゃだめだぞ!ほどほどに勉強もな!!

 

合格体験記

この記事に関連する記事一覧