国語 家庭教師 中学受験

中学受験の国語が苦手で伸びないお子様の家庭教師

芝浦工業大学附属中合格体験記~Kくん


【名前】
K

【進学先】
芝浦工業大学附属

【合格校】
芝浦工業大学附属中、千葉日大、獨協埼玉中

【指導開始時国語偏差値】
50前後(市進)

【国語のどんなところに苦しみましたか?】

文章から言葉をぬきとり書くこと
【パパママとはどんな時にケンカをしましたか?】
かきぬきをまちがえてヒーローアカデミーをテレビでみてた時

【あなたにとって中学受験とはどんなものでしたか。一言であらわしてください。】
なくなるとすごくひまである日々

【ジャケット先生の第一印象はどうでしたか?】

生徒:でかくてめがめでマスクをつけているアイスコーヒーしかのまない変な人

保護者様:優しい先生!初回で緊張していた虫好きの息子に、カブトムシや、魚つりのお話をしてくださり、和ませてくれました。

【ジャケット先生の良かったところはどんなところでしたか?】
変なところ

【ジャケット先生で受験を乗り越えられるだろうかと思った瞬間を正直にお答えください(笑)】

生徒:考えたこともない

保護者様:先生への不安は全くありませんでした。志望校に向けて苦戦する息子のために、次から次へと秘策を考えて下さり、感謝しかありません!!

【合格を目指す受験生に合格者としてアドバイスを下さい。】
ぼくのアドバイスをきくのではなく先生の話をきけ

【同じ学校を志望する生徒にアドバイスを下さい。】
がんばりなさい

【ジャケット先生より一言】
初めてお問い合わせをいただいたのが5年生の4月だったと思うのですが、その時は予定がいっぱいだったためご縁がありませんでした。しかし、夏休みに短期でOKということだったので4~5回授業に伺いいったん終了。6年生になり再度お声かけいただき授業再開となりました。Kくんは時間を気にせずに問題を解かせると、読解力がないほうではありませんでした。ただし、いかんせん読むのが遅い・・・いや、読むのが遅い以上に慎重すぎるのか答えを選ぶのが遅いというのが大きな問題でした。また、書き抜きの問題を苦手としていて、とにかくあてはめて読まないし、写し間違えるという欠点がありました。「コンクリート」を「コンクート」とか。かゆいところに手が届かないタイプの生徒でした。書き抜きをしっかり写せていれば平均点だったのに!とか多かったですね。しかし、その書き抜きのミスもおそらく時間が足りないことからくるミスだと思われたため、とにかく手早く問題を処理できるようにしていくことを念頭に進めました。正答が記載されている箇所を手早く見つけるための線引きの伝達とその練習。Kくんの良いところとして、「こういうふうにやってみな?」というと、素直にやってくれることが挙げられます。「え~、やんの~?」くらいは言ってましたが(笑)。素直なので応援したくなる、そんな感じのKくんでした。語彙を含む知識面に弱いところがあったため、どの問題でも取れる!というわけにはなかなかいきませんでしたが、合不合のラスト2回は偏差値も50を超えてきましたし、力はついていました。しかし、過去問を解き始める頃になると、学校の問題傾向的な部分で(作文や記述がある)ふたたび解ききれないケースが出てきてしまいました。そこで、受験直前ということで賭けでもあったのですが、言われた通りに取り組んでくれるKくんなら出来ると信じて、文章を極力簡潔に見る、最近の私の新しい線引きを試してもらったところ、過去問でもしっかり点数につながるようになりました。受験自体は2/1で合格してすんなり終わると思っていたのですが、当日の朝に鼻血を出すほど緊張してしまったそうでまさかの不合格。2日目も落ちてしまいました(ちなみに国語は好調、算数でのやらかしだったとのことで、私は多少気楽でしたが)が、ラストチャンスの3度目でサヨナラホームランを放ってきてくれました!でも、そんなにドラマチックにしなくてもよかったんだぞ!それとな、「変な人」とか「変なところ」とかなんじゃ!マスクは冬だけでしょーに?みんなにインフルとかうつせないからやぞ!それにな、Kくんも致命的なミスをしてるぞ?体験記をよく見てみ?伝えてある通り、間違てっててもそのまま載せるんだぞ?まぁ、Kくんらしい思い出として僕にはほほえましいが。とにかく、合格までけっこう引っ張ったけど、よくもぎ取ったな!メンタル強いぞ!なかなか塾の成績を上げることが出来ませんでしたが、Kくんママは最後まで任せてくれました。ありがとうございます。感謝です。合格という結果が出て、本当によかったです。

 

合格体験記

この記事に関連する記事一覧