国語 家庭教師 中学受験

中学受験の国語が苦手で伸びないお子様の家庭教師

ママが勉強を教えるのは難しいホントの理由


こんにちは。ジャケットです。今回のテーマはお母さんが勉強を教えるのは難しいホントの理由です。今回のテーマで対象となるのは男の子の中学受験生を抱えるママ達です。

 

なぜ、男の子の受験生を持つお母さん限定なのか?

今回のテーマはハッキリと男の子のママ向けの内容です。女の子の場合はあまり今回の傾向に当てはまりませんし、パパは基本的に受験はママに任せっきりのケースが多いので、華麗にスルーします(笑)。

 

さて、男の子が中学受験の勉強をする原動力は何でしょう?志望校に合格したいからでしょうか?

 

5~6年生ともなると照れてしまって面と向かってはなかなか言わないですが、基本はママに褒めてもらいたいからです。悪い点数を取ってしまったとき、「ママをがっかりさせちゃう」と泣いていた教え子もいましたし、良い点を取った時に自信満々に真っ先にお子様が自慢するのはたいていパパではなく、先生でもなく、ママです。私もそうでしたし。ですから多くの男の子たちにとっては志望校合格と言うのはじつは目的ではなく、ママに褒めてもらうための手段なのです。

 

さて、そんなまだまだかわいい盛りのママ大好きボーイズ達ですがママから勉強を教わるのは嫌がる子が多いです。何ででしょう?

 

だから母親が勉強を教えるのは難しい

男の子が自分の良いところを自慢したいのがママなら、自分のダメなところを見られたくないのもママです。ところがママに勉強を見られるということは、自分の出来ないところを一番知られたくないママに見られる事になります。「自分が出来ないところを見られたくない」「なかなか覚えられないのを知られたくない」「ママをがっかりさせたくない」この条件をすべて満たすのがママが勉強を見る事です。そして、多くの場合はさらに「叱られる」というおまけつきです。これが度を過ぎると”勉強=嫌な事”という認識になってしまい、大いなるモチベーションの低下を招きます。ですから、どうしても男の子の勉強を見なければならない時はそういった気持ちを汲んで接してあげて欲しいと思います。

 

今回は肩の力を抜いたテーマで書いてみました。でも、中学1年生を教えた時も、「ママががっかりしてた・・・」としょげかえっていた生徒がいたので、男の子のママを喜ばせたい、ママに褒められたいモチベーションっていうのは強力なんだなぁと実感しております。本日も記事をお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

中学受験全般

偏差値が伸び悩んだ時の考え方


偏差値

こんにちは。ジャケットです。

 

中学受験生は塾で様々な試験を受けます。週テスト、月テスト、組み分けテスト、志望校別模試などなど。お子様と親御様はそこで出てくる偏差値に悲喜こもごもです。ということで今日は偏差値が伸び悩んだ時の考え方について、私なりの見解をお伝えしていきます。

 

偏差値が伸び悩んだ時こそ冷静に考える

塾で受けた試験の偏差値がなかなか上がらない、もしくは下がってしまった場合、お子様本人よりもお母様やお父様の方が「塾についていけていないのではないか?」「このままでは志望校に届かないのではないか?」とハラハラするものです。しかし、不安になる前に偏差値の基本をおさらいしましょう。

 

4年生の偏差値と5年生以降の偏差値の違い

「4年生までは順調だったのに、5年生から偏差値が落ちてきてしまった」というご相談を受けることがあります。しかし、基本的には5年生になると偏差値が下がるお子様の方が多いのです。

 

では、なぜ5年生以降は偏差値が下がるお子様が多いのでしょう?

 

まず、4年生の偏差値と言うのは絶対的母数の少ない中での偏差値です。母数が少ないということは少しの点数の上下で偏差値が大きく動くことを意味します。覚える事も少ない範囲の狭いテストで、周囲の子よりもエンジンの掛かりが早い(勉強の習慣がつくのが早い)お子様は、勉強習慣さえついていれば結果として良い点数を取りやすいです。すると、偏差値もポーンと上がります。

 

これが5年生になると試験を受ける母数が激増します。母数が増えると偏差値は信憑性を増し、少しの点数でポーンとは上がりづらくなります。今までは周囲のお子様より少し良い点を取るだけで簡単に跳ね上がった偏差値が、母数が増える事で偏差値の上がり幅が狭まります。これによって必然的に今までより偏差値が下がりやすくなるのです。

 

実は学年が上がるにつれて、全体の中での順位が今までとあまり変わらなければ、偏差値は下がっていくものです。ですから、偏差値が下がった場合は、不安になる前にまず全体の中での順位が下がっているかどうかを見ましょう。あまり順位が下がっている様子がなければ、偏差値が下がるのは当たり前のことですのでさほど気にしないで良いと思います。

 

 

気を付けるべき偏差値の下がり方

さて、ここまでは気にする必要の無い偏差値の下がり方を述べましたが、ここからは気にするべき・不安になるべき偏差値の下がり方についてです。

 

見るべきものは正答率表です。

 

偏差値が数か月ずっと上がらない、もしくは下落傾向にある場合、もしかしたらすでに大きな問題が生じているかもしれません。まず、正答率表を見てみましょう。65~70%のお子様が正解している問題をボコボコと落としている場合、それは中学受験で合格するために最低限必要な基礎力がついていないという事です。お子様に塾の授業内容が理解できているか確認しても、「分かってる!」というお子様が多いですし、あまり言いすぎるとやる気を失いますので、同じような問題を解かせてみましょう。それで解けなければ基礎が壊滅しているという事です。塾の授業内容が理解できていないという事ですから、早急に対策を考える必要があります。

 

理解できていないものは自然に出来るようにはなりません。

同じやり方では何も変わりません。

 

理解出来ない授業は参加していても、勉強しないで寝ているのと同じですから、合格したいなら塾のペースを無視してでも基礎からやり直すべきです。

 

「塾のペースを無視して基礎からやり直すと、塾についていけなくなる」と心配でしょうか?でも、すでについていけていないのです。そこをハッキリと認識しないといけません。このままわからない塾の勉強を続けていても、残念ながら成績が上がる根拠がありません。そうこうしているうちに基礎をやり直す時間も無くなり、志望校を大幅に下方修正する事になります。

 

理科社会は別ですが、国語と算数は6年生の夏前に手を打たないと基礎からやり直す時間がとれなくなります(塾が講習に突入し先に進まないため、まとまった勉強時間を取れる最後の機会が夏休み。ここがラストチャンス)。基礎をやり直すなら6年生の夏までがギリギリのラインと考えて、弱点の克服に努めましょう。

 

中学受験全般

過去問を解く意味。過去問ばっかりやってても時間の無駄という話。


過去問

こんにちは。ジャケットです。先日、知り合いの家庭教師から、『偏差値が足りていない生徒なのに「過去問だけやってくれ」と言われて困ってます』と言う嘆きの声を聞きました。う~ん、そういう要望を出されることもあるのかと気の毒に思うと同時に、今までそういうご要望を自分に出さないでいただいた親御様たちに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

はっきり言ってしまいますが、過去問ばっかりやってて受かるわけがないです(偏差値が足りているか、少し足りないくらいなら話は別)。

 

過去問を解く必要はあるか?

みなさん、過去問って何のために解くと思いますか?

 

過去問を解く理由はただ一つ。その学校の問題傾向が自分にかみ合うかどうか、問題量や時間配分が自分に最適かを知るためです。それ以外に過去問を解く理由はありません。過去問が5年分とか多い学校だと10年分とかありますが、あれは出版社の利益のためです。そもそも5年も10年も経てば問題作っている人も変わっているケースが多いですし、社会や理科、国語でもトレンドが変わっていますから、あまり役に立ちません。過去問は2回か3回やって手が合うかどうかわかればそれで充分です。そういった意味では解く必要は間違いなくあります。

 

そもそも過去問を解くことは志望校対策には直結しない

過去問を解いているだけで志望校対策になるというのはさすがに中学受験を甘く考えすぎです。各学校、進学実績をのばそうと必死ですから過去問ばっかりやって対策になるようなヌルい問題は作っていません。過去問では、近年の傾向がある程度把握できる程度で、それすら問題傾向が変わる年(どの学校にも起こり得る)と重なってしまったら全く意味がなくなります。過去問なんてその程度の信頼度です。過信しないようにしましょう。

 

過去問ばっかり10年分やってて受かりましたという話

なかにはそういうお子様もいます。偏差値が少し足りない生徒の場合は問題さえうまくかみ合えば、多少の偏差値差は問題との相性の良さで埋まります。ですから、そういった面で過去問をたくさん解いていたのがはまったのでしょう。でも、じつはこういうお子様は過去問10年分もやらなくてもおそらく合格しています。なぜなら2年分しか問題をやらなくても、10年分問題解いても相性の良さは変わらないからです。

 

しかし、偏差値がハッキリと足りない生徒の場合は過去問ばかりやっていると、まずいい結果は出ません。もしかしたら100人に2~3人くらいは良い結果がでるお子様もいるかもしれませんが、良くてそんなものです。過去問ばっかりやってれば対策になるほど、みなさんががんばっている中学受験の世界は甘くないです。

 

こういったおいしい話に食いついてしまうのは、だいたい周りの情報を集めすぎ、惑わされすぎという共通点があります。とくにネットの世界では外に発信する少数の人の声が大きく、大半の人は外に意見を発信していません。そのため、ごく一部の声の大きい発信者の声を完璧な成功事例のようにとらえてしまいがちです。同じように過去問を数多く解いたにもかかわらず、失敗した人たちも存在して、そのほとんどが外に声を発信していないことを忘れてはいけません。

 

もちろん、私は過去問を解く事自体は否定していませんし、必要な事だと考えています。実際、私も過去問は指導に多く取り入れていますし。しかし、過去問はただやればいいという物でもありません。過去問に取り掛かるべきタイミングも生徒の性格に応じて考えなければいけません。受験を甘く見ている子には現実を知らせるために早めに解かせて喝を入れてみたり、自信なさげな子には似た問題傾向で少し簡単な問題(学校レベルは上でも簡単な年度の問題とか)を解かせて自信をつけさせたり、色々な使い方をしなければなりません。

 

そして、明らかに偏差値が足りないお子様の場合は過去問やってる時間があるなら、どの科目が一番点数の伸びが期待できるかを考えて、その科目を重点的に勉強するように指示をします。偏差値の足りないお子様が、肝心な基礎学力を無視して過去問を重点的にやってて、問題傾向変わったら全滅してしまいますから。それは絶対避けなければなりません。

 

中学受験の基本は当たり前ですが基礎学力がどれだけ固まっているかです。過去問はその前提の上で、問題との相性をはかるべきものであって、過去問そのものをやってるだけで対策になるほど中学受験は甘くないという事です。

 

本日も記事をお読みいただいてありがとうございました。

 

 

 

中学受験全般

なぜ中学受験は親で決まるのか?を家庭教師の視点でお伝えします。


こんにちは。ジャケット先生です。首都圏の中学受験生を対象に国語の家庭教師をしています。今回はなぜ中学受験は親で決まるのか?をテーマにお話していきます。

中学受験専門塾

私が家庭教師として指導を行うお子様はサピックス、日能研、四谷大塚、早稲田アカデミーに通ってるケースが多いですが、こうした塾に通っていて効果が見られないにもかかわらず、手を打たれないまま6年生まで放置されてしまっているお子様が結構います。

中学受験は親で決まるの意味

「中学受験は親で決まる」というのは色々なところで耳にされていると思います。これはある意味正しい言葉で、 なぜ中学受験は親で決まるのか?を家庭教師の視点でお伝えします。の続きを読む »»

 

中学受験全般